プログラミングや動画編集の勉強ならCANIT (キャニット)

【ノーコード】Bubbleは経験ゼロでもアプリ開発ができるのか?

【ノーコード】Bubbleは経験ゼロでもアプリ開発ができるのか? ノーコード

最近、ノーコードツールの話題をよく聞きますね。

CANIT先生
CANIT先生

Webアプリを開発できる有名どころのノーコードツールにはGlide、Adaloの他にBubbleというものがありますよ

猫田さん
猫田さん

それは儲かるツールですか?楽して儲かるなら知りたいです

牛山くん
牛山くん

がめついですね…..

CANIT先生
CANIT先生

Bubbleはいろいろなことができるツールです。すでにBubbleで作られたWebアプリで収益を出しているサイトもあります。もう最近は、ノーコードツールで稼げる時代ですね

猫田さん
猫田さん

俄然ノーコードツールを学習する気になってきました。詳しく教えてください

牛山くん
牛山くん

いろいろできるツールって難しそうだけど……大丈夫かなぁ……

今回は非常に汎用性の高いノーコードツール「Bubble」について紹介します。

初心者でも簡単にわかる:Bubbleの基本

CANIT先生
CANIT先生

まずは、Bubbleがどんなものなのか解説しますね

①:Bubbleとは

Bubbleはプログラミングが不要、すなわちノーコードで汎用的なWebアプリを開発できるサービスです。2012年ニューヨークで誕生しました。2019年には約7億円の資金調達を実施、LinkedInのBubble社の概要では、全世界で25万人以上のユーザーがBubbleを利用しているとのことです。

Bubbleの魅力はアカウントを登録すれば、ブラウザを使うだけでアプリの作成からリリースまでできてしまうことです。サーバーやデータベースといった開発環境の準備は必要ありません。
CANIT先生
CANIT先生

いわゆるノーコードツールの老舗的存在ですね。公式では「Facebook」や「Airbnb」のようなサイトも作れる」と書いてあります

②:Bubbleの料金

牛山くん
牛山くん

ノーコードツールは基本無料で使えて、リリースしようとすると有料になるケースが多いと思いますが、Bubbleもそんな感じですか?

CANIT先生
CANIT先生

牛山くん、ズバリその通りでしょう。無料版と有料版の違いはこんな感じです

Bubble:無料版と有料版の違い

プラン料金特徴
Free無料アプリ開発からテストリリースまで
Personal$25/月本番リリース可能
Professional$115/月2人同時開発可能、サーバー容量3倍
Production$475/月15人同時開発可能、サーバー容量10倍

最新の情報や詳細は公式HPで確認することができます。

③:Bubbleを使うときの注意点

猫田さん
猫田さん

この流れから察するに、BubbleもGlideやAdaloと同じように英語ってことね?

CANIT先生
CANIT先生

そのとおりです。わからないことはGoogle翻訳で調べて行きましょう

Bubbleはすべて英語で作られています(2021年7月現在)。簡易な英語のためGoogle翻訳を駆使すれば解決しますが、英語に対する耐性が多少は求められます。

Bubbleで何ができる?

CANIT先生
CANIT先生

続いてはBubbleを作ってどのようなアプリが作れるのか解説します。わかりやすいようにBubbleでできることをまとめてみました。

  • レスポンシブウェブアプリ
  • ハイブリッドモバイルアプリ
  • カスタムコードによる機能拡張
  • APIを介して外部サービスと連携
  • Uber Eats、Netflix、ZOOMと言った有名サイトと同様の機能を持ったアプリ
猫田さん
猫田さん

けっこう、いろんなことができるのね

Bubble : GlideやAdaloとの違い

猫田さん
猫田さん

GlideやAdaloと比べると、Bubbleはどうなの?

CANIT先生
CANIT先生

Bubbleは一言でいうとその中で最も難しいツールですね。Glideが最も簡単、その次にAdalo、最後がBubbleという感じです。難しいからこそ、いろいろなアプリが作れるんですよ

牛山くん
牛山くん

難しいというと……プログラミング経験ゼロだとBubbleは厳しいのでしょうか?

CANIT先生
CANIT先生

そうですね。最初はGlideやAdaloで慣れてからBubbleを使うほうがいいでしょうね

ちなみに、Adaloではネイティブアプリを作ることができましたが、Bubbleで開発できるのはPWAのみです。

PWAとは、スマートフォン上で動かせるアプリのようなWEBサイトです。iOSとAndroidの両方で使えるメリットがあります。

Bubbleがあればエンジニアは不要?

CANIT先生
CANIT先生

最近は、クライアント側も簡単に使えるノーコードツールが喜ばれる機会も増えてきました。ノーコードツールを使いこなすエンジニアの数は、確実に増えています。近いうちに、エンジニア=プログラミングを書く人ではなくなるかもしれませんね

牛山くん
牛山くん

すると、プログラミングを学ぶ意味も無くなってくるのですか?

CANIT先生
CANIT先生

そんなことはありませんよ。コードが書けないノーコードエンジニアよりもコードが書けるエンジニアの方が有用性が高いのは、明らかです。それにノーコードツールの中には、コードを書いてカスタマイズできるものも多いですからね

Bubbleでノーコード開発を始める方法

CANIT先生
CANIT先生

では、Bubbleを使ったノーコードでの開発の始め方を、実際の画面に沿って解説しましょう

①:アカウント登録手順

まずは公式HPにアクセスします。

バベル

フォームにEmailアドレスを入力して、隣のGet started for freeをクリックします。もしくはフォームに何も入力せず、Get started for freeをクリックからLog in with GoogleでもOKです。

バベル

そのあと、利用規約に同意します。

利用規約

アンケートが出ますので、それぞれに答えることでNextを押すことがでます。アンケートは3つでますので、それぞれに答えれば開発画面になります。

アンケート

チュートリアルが表示されますのでそれにしたがって作業してみましょう

チュートリアル

英語だらけで戸惑うかもしれませんが、基本赤の↑のガイドに沿って作業をしていけば良いです。

チュートリアルに沿っていくと、こんな感じで、ボタン、フォーム、Mapがおかれました。ドラックアンドドロップで入れていき、それぞれの編集画面で情報を入力していくと言ったイメージがつかめるかと思います。

バベル

引き続きチュートリアルの説明が続いてきますが、もういいやと思ったらレッスン完了時にでるI’m good  for nowをクリックして離脱しましょう。

牛山くん
牛山くん

チュートリアルも当然英語ですね

②:Bubbleの主なメニュー、画面構成

CANIT先生
CANIT先生

では、続いて開発画面にいってみましょう

開発画面はこんな感じです。左のコマンドからやりたい動作を選んで、おきたい場所に自由においていくことができます。

開発画面

データを格納する開発画面はこんな感じです。GlideやAdaloと比べるとどうしてもわかりづらい感じはしますね。

開発画面
猫田さん
猫田さん

英語が英語すぎてわけがわかりません

CANIT先生
CANIT先生

やはり難易度の高いbubble、開発画面をみてもコマンドが多く、初心者にとってはかなりいばらの道ですね。勉強は必須でしょう

牛山くん
牛山くん

これは直感的に作るのは難しいです……どのように勉強すればいいでしょうか?

Bubbleの学習方法

パソコン
CANIT先生
CANIT先生

さいごにBubbleの学習方法を紹介します。ノーコードツールの中でも難しい部類に入るBubble。色々なサイトを有効活用して学習していきましょう

猫田さん
猫田さん

英語で勉強するのはノーセンキューです

CANIT先生
CANIT先生

英語が嫌いな猫田さんのことを考えて日本語で教えてくれるところを探してきましたよ

Bubbleの学習方法①:YouTube

すでにYOUTUBEには有志による、Bubbleの使い方に関するたくさんの動画が上がっています。まずはここで探してみると良いでしょう。

Bubbleの学習方法②:Udemy

有料にはなりますが、より深く学習したい場合、Udemyでも学習できます。たとえばSlackの作り方、メルカリの作り方といった、より専門的な内容です。Udemyは定期的に90%セールをするので、そのタイミングが狙い目です。

CANIT先生
CANIT先生

Bubbleは超有名な老舗ツールということで、日本語でもたくさん学習できますね。多少難しくても、挫折せずに進めやすいですよ

牛山くん
牛山くん

有名なアプリの作り方の動画を説明してくれるのはありがたいですね。俄然やる気が湧いてきました

Bubbleの学習方法③:書籍

じっくり学びたいという人向けに、日本語で書かれた書籍もあります。

CANIT先生
CANIT先生

おすすめのものを2つ紹介するので、是非手にとってみてください

書籍

基礎から学ぶノーコード開発

書籍

ノーコードツールBubbleの基本講座

Bubbleのデメリット

パソコン
CANIT先生
CANIT先生

最後にBubbleのデメリットをお伝えしておきますね

自由度が高いぶん、難易度が高い

GlideやAdaloは制約が大きいのがデメリットでしたが、Bubbleの場合は逆になります。反対にノーコードが使える人にとってはとても使いやすいツールとなるでしょう。

マネタイズするときは有料プランへ

SSLと独自ドメインの取得は有料化が必要となります。したがってマネタイズする際は有料プランへと以降が必要となります。

Bubbleは他のノーコードツールよりも安心?

CANIT先生
CANIT先生

実は、ノーコードツールには全体で抱えている大きなデメリットがあるんですよ。それは……運営会社が何らかの理由で事業が継続できなかった場合、開発したサービスが停止するリスクです

牛山くん
牛山くん

うーん、それは困りますね

CANIT先生
CANIT先生

ただし、Bubbleは別です。万が一、Bubbleがプラットフォームを停止する場合には、プラットフォームを無償で誰でも自由に改良・活用できるオープンソース化すると公言しています。仮に運営会社が倒産しても、開発したサービス自体は継続させられるでしょう

猫田さん
猫田さん

そういうのはいいよね。安心できる

ノーコードツールBubbleの紹介:まとめ

CANIT先生
CANIT先生

というわけで、今回はBubbleを紹介しました。難易度が高いため初心者向けではないかもしれませんが、注目すべきノーコードツールの1つですね。Stripeという決済サービスを連携させることもできるので、マネタイズもさせやすいです

猫田さん
猫田さん

近い将来メルカリみたいなサービス作ってがっぽり儲けますね

CANIT先生
CANIT先生

そのためにはプログラミングもしっかり勉強して他のノーコードエンジニアと差別化していかないとですね

❤内容は役に立ちましたか?皆さまのご意見が励みになります☺
YesNo
手に職をつけてプログラマー転職

そろそろ本気で将来のことを考えなくちゃ……手に職をつけてプログラマーやエンジニアに転職したいなぁ。でも、プログラミングスクールってものすごくたくさんあるし、なんか敷居が高いのよね

これからプログラマーやエンジニアへの転身を目指すあなたに、どのスクールがもっとも適しているのかを紹介します。

ノーコード
【この記事を書いた人】
CANIT 先生

あらゆるプログラミング言語をあやつるフリーの凄腕講師。温和な性格で「わかるまで教えます」がモットー。たまに時間ができると動物の仲間達に、プログラミングを教えることもある。現在の生徒は牛山くんと猫田さん。

CANIT
タイトルとURLをコピーしました