プログラミングや動画編集の勉強ならCANIT (キャニット)

プログラマーにタイピング速度はどのくらい必要?

タイピング 悩み・心構え

牛山くんがパソコンに向かって一生懸命文字を打ちこんでいます。

猫田さん
猫田さん

んん? 牛山くん、何をやっているんだい?

牛山くん
牛山くん

タイピングの練習です。恥ずかしながら未だにブラインドタッチができず、タイピング速度が遅いんですよ。タイピング速度が遅いと、プログラマーになった時に不利じゃないですか

猫田さん
猫田さん

そうなの?初めて聞いた! わたしも指2本で叩いているんだけど……困ったなぁ

そこにキャニット先生がやってきました。

猫田さん
猫田さん

キャニット先生! やっぱりプログラマーになるためには、タイピングが早くないとまずいの?

CANIT先生
CANIT先生

ほうほう。今日はタイピングの話ですか。そういえば、今まで触れたことのない話題ですね。 では、せっかくなので、プログラマーにどのくらいのタイピング速度が必要なのか、お話ししましょう

というわけで、今回はタイピングについて特集します。

どのくらいならタイピング速度は速い?

パソコン

タイピング速度は日本語ワープロ検定の試験基準、またはe-typingでの数字が参考になります。プログラマーが打つコードはほぼ英語ですから、e-typingのローマ字入力を物差しにして考えるとわかりやすいでしょう。

e-typing:A評価は1分間に209文字以上

タイピング

1分間に打てる文字数の数によって、e-typingでは細かくS評価からE評価までランク分けしています。ちなみに、オフィスワークで困ることのないレベルはA以上、個人でパソコンを使う分ならC以上のランクが目安のようです。

牛山くん
牛山くん

Aランクは1分間に何文字くらい打てればいいんですか?

CANIT先生
CANIT先生

Aランクは209文字以上ですね。ちなみに、Bランクが158文字以上、Cランクは107文字以上です

猫田さん
猫田さん

なんか、そう言われてもピンとこないなぁ

CANIT先生
CANIT先生

実際にやってみるのが早いでしょうね。猫田さん、では我々を代表して挑戦してみてください

というわけで猫田さんのe-typing挑戦です。

猫田さん
猫田さん

やってきました! どや

タイピング
CANIT先生
CANIT先生

えーと、Cランクですね

牛山くん
牛山くん

思ったよりやるじゃないですか

猫田さん
猫田さん

そうなのか? 本当にそうなのか?

現役エンジニアのタイピング速度

個人差があるので一概には言えませんが、現役エンジニアの方達のタイピングスピードは1分間に200〜300程度くらいでしょう。あまり早くない人でもe-typingのA評価くらいの速さでタイピングをします。ほとんどのプログラマーのタイピングが「オフィスワークで困らないレベル」であるのは間違いなさそうですね。

牛山くん
牛山くん

やっぱりプログラマーの方達は、多くの人が速くタイピングできるんですね。遅い人でも200くらいなのかぁ

猫田さん
猫田さん

これ、完全にわたしは見せしめになっているよな?

プログラマーにタイピングの速さは求められない?

パソコン 女性
CANIT先生
CANIT先生

たしかにプログラマーの多くはタイピングが速いです。でも、プログラマーにそこまでのタイピングの技術は求められないんですよ

猫田さん
猫田さん

えっ、そうなの?

プログラマーのタイピングは、速さよりも正確さ

プログラマーになるための勉強をしている最中は、コードを打つ機会が多いです。しかし、実際のプログラマーの仕事は、そこまでコードばかり打っているわけではありません。むしろ、「どのようにコードを打てば良いのかな?」と考える時間のほうが長いくらいです。

猫田さん
猫田さん

えーと、小説家が文字を打つよりも、話を考える時間のほうが長い感じなのかしら

CANIT先生
CANIT先生

そうですね。そんな感じで考えてもらえればOKです

いくらタイピングが早くても間違ってコードを打ってしまえば、エラーが出てしまいます。そして、どこが間違っているのかを探す作業はとても時間がかかりますよね。

牛山くん
牛山くん

なるほど。間違ってしまうくらいなら、多少遅くても正確なタイピングのほうが生産性が高いというわけですね

もちろん、速くて正確なタイピングがいちばん良いのは言うまでもありませんが、タイピングを練習するのであれば速さよりも正確さを意識すると良いでしょう。

タイピング速度が上がるレッスンサイト

女性 パソコン
猫田さん
猫田さん

それでもわたしは、速くタイピングできるようになりたいよー もう、見せしめにはなりたくないよー

CANIT先生
CANIT先生

では、いくつかのタイピングレッスンサイトを紹介しましょうか

①e-typing

タイピング

まずは、e-typingですね。猫田さんが先程見せしめになったサイトです。利用者が非常に多いため、e-typingの点数を告げれば、どの程度の速さでタイピングできるのかが他者にも伝わりやすい。これが大きなメリットでしょう。

②typing.io

タイピングサイト

続いては、typing.io。このサイトは完全にプログラマー向けのタイピングサイトです。自分が学んでいる言語がそのままレッスン元になっているので、コードを正確にかつ速くタイピングできるようになります。

牛山くん
牛山くん

英語ばかり出てくるんですけど、このサイトは日本語対応していないんですか?

CANIT先生
CANIT先生

そうですね。残念ながら日本語対応はしていません

③:マナビジョン

タイピングサイト

まだタイピング自体に慣れていないのなら、進研ゼミなどでお馴染みのベネッセが提供しているマナビジョンがおすすめです。文字によってどの指を使うべきなのかも、わかりやすくなっています。

タイピングサイトは非常に多いので、自分に合ったものを1つ見つけておくと便利です。ほとんどが無料で提供されています。上達のコツは複数のサイトでタイピング練習するのではなく、いつも同じサイトで練習すること。そのほうが自分の上達がわかりやすく、モチベーションが保ちやすいでしょう。

正確さを重視しながらタイピング速度を上げていこう

女性 パソコン
CANIT先生
CANIT先生

というわけで、今回はタイピングについて学びましたね

猫田さん
猫田さん

今度会う時は、タイピングの鬼になってるからな!

牛山くん
牛山くん

猫田さんのタイピングが思ったよりも早かったですからね……僕も猫田さんに負けないように頑張っていきます!

プログラマーに対してタイピングが速いイメージがあるかもしれませんが、求められるのは速さよりも正確性です。正確性を高めながら、同時に速さも身につけられるのが理想でしょう。速くて正確なタイピングができるようになれば生産性も上がります。少しずつで良いので、タイピングスキルも上げていけるように意識すると良いですよ。

❤内容は役に立ちましたか?皆さまのご意見が励みになります☺
YesNo
手に職をつけてプログラマー転職

そろそろ本気で将来のことを考えなくちゃ……手に職をつけてプログラマーやエンジニアに転職したいなぁ。でも、プログラミングスクールってものすごくたくさんあるし、なんか敷居が高いのよね

これからプログラマーやエンジニアへの転身を目指すあなたに、どのスクールがもっとも適しているのかを紹介します。

悩み・心構え
【この記事を書いた人】
CANIT 先生

あらゆるプログラミング言語をあやつるフリーの凄腕講師。温和な性格で「わかるまで教えます」がモットー。たまに時間ができると動物の仲間達に、プログラミングを教えることもある。現在の生徒は牛山くんと猫田さん。

CANIT
タイトルとURLをコピーしました