プログラミングや動画編集の勉強ならCANIT (キャニット)

フロントエンドエンジニアになるために必要なスキルと言語

パソコン 言語・WordPress

フロントエンドエンジニアになるためには何を身につける必要があるの?

Webデザイナーとフロントエンドエンジニアってどう違うの?

Web制作においてよく耳にする「フロントエンドエンジニア」ですが、詳しく理解している人は多くありません。

フロントエンドエンジニアの仕事内容と、フロントエンドエンジニアになるために必要なスキルについてまとめました。

フロントエンドエンジニアとは

フロントエンドエンジニアとは、Webデザイナーのデザインをもとに、HTMLやCSS、JavaScriptやPHPの設計や実装、WordPressなどのCMS構築やカスタマイズを行う職種です。

Webデザイナーと混合されがちですが、フロントエンドエンジニアはデザイン部分ではなく、HTMLをメインとするコーディング作業を担当します。

フロントエンドとバックエンドの違い

パソコン

Web制作では、ユーザーと接する面を「フロントエンド」と呼びます。「バックエンド」とはサーバー側の作業を指すことが大半です。

サーバー側の知識も必要ですが、フロントエンドエンジニアに最も求められるものは「コーディングスキル(プログラミングスキル)」になります。

マークアップエンジニアとフロントエンドエンジニアの違い

プログラミング

コーディング作業において、マークアップエンジニアとフロントエンドエンジニアという職種をよく耳にするのではないでしょうか。

マークアップエンジニアとは

マークアップエンジニアは、HTMLとCSSの専門職です。

フロントエンドエンジニアとは

フロントエンドエンジニアは、HTMLとCSSだけでなく、JavaScriptやPHPなど、Webサイトのプログラム全般に詳しいエンジニアになります。

では、フロントエンドエンジニアになるためには、どんなスキルが求められるのでしょうか?

フロントエンドエンジニアになるために必要なスキル

学校

フロントエンドエンジニアに求められるスキルは、Web制作の知識だけではありません。

  1. IT技術の動向を察知し、自身を磨き続けるスキル
  2. 高いコミュニケーションスキル
  3. プログラミングスキル

それぞれ詳しく解説しましょう。

①:IT技術の動向を察知し、自身を磨き続けるスキル

Web制作業界は、常に新しい技術が開発され、その進化は目まぐるしいものがあります。

その流れの早い業界の動向を、いち早く察知するスキルが必要です。

新しい技術を常に習得するために、アンテナを張り続けましょう。

キャッチした新しい技術を習得するために、常に勉強し続ける努力も必要となってきます。

最新の技術を習得しているフロントエンドエンジニアは、どこに行っても重宝されると言っても過言ではありません。

②:高いコミュニケーションスキル

フロントエンドエンジニアは、Webデザイナーやコーディング担当者、マークアップエンジニアと密に連携を取りながら、制作を進める必要があります。

多くの部門担当者との橋渡し役を担い、一つのものを作り上げるために求められる重要なスキルです。

チームの連携がスムーズに取れているかに、プロジェクトの成功がかかっていると言っても過言ではないです。だから、フロントエンドエンジニアには、コミュニケーションスキルがとても重要なんですね

③:プログラミングスキル

フロントエンドエンジニアは、HTMLやCSS、JavaScriptといった高いコーディング知識が必要とされます。

さらには、PHPやRubyなどプログラミング言語のスキルがあると、他のエンジニアとのやり取りがスムーズに進みます。

フロントエンドエンジニアになるためには、プログラミングスキルを習得しておくとよいでしょう。

フロントエンドエンジニアになるために必要な言語

プログラミング

フロントエンドエンジニアになるために、必ず身につけるべき言語は4つあります。

  1. HTML
  2. CSS
  3. JavaScript
  4. PHP

それぞれ詳しく解説します。

①:HTML

HTMLとはWebサイトの骨組みのようなものです。Hyper Text Markup Language(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)の略で、Webページを作るための最も基本的なマークアップ言語のひとつとなっています。

Webページに「全体部分」「見出し」「段落」「強調テキスト」「画像」「リンク」など、マークアップ(目印をつける=明確に指示を出す)するための言語です。

フロントエンドエンジニアになるには、まずこの言語を習得しましょう。

②:CSS

CSSとは、HTMLで作った骨組みに対し、細かくレイアウトやデザインを加えていくための言語です。必ずHTMLとセットで使用する言語になります。

HTMLで作った骨組みに対し、「太さ」「配置」「大きさ」「色」などを指定する言語です。

フロントエンドエンジニアになるには、HTML同様に、必ずCSSをマスターする必要があります

③:JavaScript

JavaScriptはプログラミング言語の一つです。

JavaScriptを習得すると、CSSではできなかった、アニメーションの動きをHTMLに付けられるようになります。

JavaScriptでは、アプリ開発もできるようになるので、エンジニアとしてのスキルの幅がぐっと広がるでしょう。

有名なjQueryというライブラリ(便利なプログラムを集めて、ひとまとめにしたファイル)を使って、JavaScriptの書き方などを簡単にすることが出来きます。

④:PHP

PHPはWebサイトの問い合わせフォーム、ショッピングカートなどの動的部分を作れるプログラミング言語です。

習得難易度はHTMLより難しいと言われておりますが、C言語やJavaなどのプログラミング言語よりは比較的簡単に習得できるでしょう。

フロントエンドエンジニアになるためには、ぜひとも習得しておきたい言語です。

フロントエンドエンジニアになるためのステップアップ

学習

フロントエンドエンジニアは、コーダーの上位職の位置づけと言えます。

全くの未経験からフロントエンドエンジニアになるためには、まず企業などでコーダー(コーディング作業者)として経験を積むと良いでしょう。

フロントエンドエンジニアになるためには、コーダーの全ての知識が必要です。

コーダーとして就職し、キャリアアップした先にフロントエンドエンジニアの道が待っています。

まとめ:必要なものはたくさん。だから1つずつ身につけること

パソコン

未経験からフロントエンドエンジニアになるためには、習得すべきスキルが多数あります。しかし、一つずつ着実に積み上げていけば、けして不可能な道ではありません。

フロントエンドエンジニアは需要も多く、就労満足度の高い職種です。ぜひ、スキルを身につけてチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

❤内容は役に立ちましたか?皆さまのご意見が励みになります☺
YesNo
手に職をつけてプログラマー転職

そろそろ本気で将来のことを考えなくちゃ……手に職をつけてプログラマーやエンジニアに転職したいなぁ。でも、プログラミングスクールってものすごくたくさんあるし、なんか敷居が高いのよね

これからプログラマーやエンジニアへの転身を目指すあなたに、どのスクールがもっとも適しているのかを紹介します。

言語・WordPress
【この記事を書いた人】
秋山まい

ヒューマンアカデミーにて、WEBデザイナー養成講座を受講しコーディング技術学ぶ。元リクルートでの分析・データ作成経験を活かし、フリーライター兼WEBデザイナーとして活動中。男児一人を育てるワーキングマザーとして、仕事との両立に奮闘しています。

CANIT
タイトルとURLをコピーしました