プログラミングや動画編集の勉強ならCANIT (キャニット)

フロントエンドとバックエンドエンジニアの違いと将来性

女性 パソコン 悩み・心構え

Webサービスを開発するエンジニアを大きく分類すると、フロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアに分けられます。

フロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアは、それぞれ異なる部分を担当していて、使用する言語も違います。

フロントエンドとバックエンドの違いだけでなく、それぞれが使用する言語もわかります。これからプログラミングを勉強してWebサービスを制作したいと思っている人は必見の内容です

さらに、フロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアの将来性についてもお伝えするので、

フロントエンドエンジニアがいいと思ってたけれど仕事ができないかも

将来性のない言語を学習してしまったから他の言語を学び直さないと……

なんてことも防げます。ぜひ最後までお読みください。

フロントエンドとバックエンドの違い

集団 パソコン オフィス

まず、フロントエンドとバックエンドの違いを紹介します

フロントは表面、バックは裏面という意味がありますよね。つまり、フロントエンドエンジニアは表面、バックエンドエンジニアは裏面を扱うエンジニアなんです。

どちらもWebサービスを制作する上で欠かせない存在です。それぞれがどのような仕事をしているのかお伝えします。

①フロントエンドとは

パソコン 女性

簡単に言いますと、ユーザーから見える部分です。

Webサイトの見た目や文字を入力するフォーム、送信ボタンなどが該当します。ユーザーが直接見て、入力やクリックができる部分がフロントエンドです。

フロントエンドエンジニアは、Webサイトに表示される文章やフォーム、リンクなどを作っていきます。

Webサイトのフォームを例に挙げると、フォームの項目や文字を入力する部分、送信ボタンを作成するのが仕事です。

送信ボタンをクリックすると画面が切り替わるようにするのもフロントエンドの領域なんですよ

フロントエンドの開発で主に使用する言語は、HTMLやCSS、JavaScriptです。HTMLでWebサイトの骨組みを作り、CSSで文字や背景などを装飾し、JavaScriptでアニメーションなどを付けていきます。

②バックエンドとは

バックエンドは、フロントエンドとは対照的にユーザーには見えない部分のことです。

サーバーサイドと呼ばれることもあり、サーバーやデータベースを指します。

サーバーやデータベースでのシステム開発をするのがバックエンドエンジニアです。

たとえば、ユーザーが Webサイトのフォームに氏名を入力し、送信ボタンを押したとします。

ここからがバックエンドの領域です。バックエンドエンジニアは、送信された氏名のデータを処理したりデータベースに保存したりできるようにシステムを構築します。

バックエンドの開発では、 PHPやJava、Python、Ruby、そしてデータベースを扱うSQLなどを必要に応じて使用します。バックエンドのプログラミング言語はたくさんの種類があり、学習の難易度も様々です。分野によって必要とされる言語が異なります。

フロントエンドとバックエンドエンジニアの将来性

女性 パソコン

1つのWebサイトを作るだけでも、フロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアは欠かせない存在です。

どちらのエンジニアも今後も変わらず必要とされると考えられますが、将来性に違いはあるのでしょうか。

これから、それぞれのエンジニアの将来性についてお伝えします

①フロントエンドエンジニアの将来性

女性

フロントエンドエンジニアは、今後も需要が高まっていくと考えられています。

パソコンやスマートフォンの普及によってWebサービスが増えましたよね。今や多くの企業がホームページを持つようになりました。

Webサイトを制作する上で、フロントエンドエンジニアは欠かせない存在なので、これからも需要がなくなることはないでしょう。

ただ、注意点があります

先ほど、フロントエンドエンジニアが主に使用する言語は HTMLやCSS、JavaScriptとお伝えしました。これらは学習の難易度が低い言語なんです。多くの人はHTML、CSSからプログラミング学習を始め、JavaScriptに移ります。

市場価値が下がってしまうかも

そのため、誰でもできる仕事となってしまい、市場価値が下がってしまう危険性があります。

フロントエンドエンジニアは、需要が高まりつつも競争が激しくなることが考えられるので、デザインができたりバックエンドの言語の知識を持っていたりすることで差別化できるでしょう。

②バックエンドエンジニアの将来性

パソコン ふくろう

バックエンドエンジニアも将来性があります。

 Webサービスが増えたことで需要が高まるのは、バックエンドエンジニアも同様です。

しかし、フロントエンドエンジニアとは状況が異なります。バックエンドエンジニアは、ライバルが少ないのです。

バックエンドで使用するプログラミング言語が多様であること、分野によって必要とされる言語が異なることが関係しています。

ライバルが少ないので、競争率は低く、案件を取りやすくなります。

 

バックエンドの需要は今後も高まる

また、フロントエンドエンジニアよりもスキルが高い傾向にあります。バックエンドエンジニアは、フロントエンドエンジニアが主に使用するHTML、CSS、JavaScriptを習得している場合が多いです。

このような様々な要因から、売り手市場に拍車がかかりバックエンドの案件の単価が高くなっています

まとめ

パソコン

フロントエンドとバックエンドの違い、それぞれのエンジニアの将来性についてお伝えしました。ユーザーから見える部分がフロントエンド、見えない部分がバックエンドでしたね。

フロントエンド、バックエンドエンジニアともに、将来性のある仕事です。

フロントエンドエンジニアは需要が高まっていきつつもエンジニアも増えていくので、デザインやバックエンドの知識もつけるのがおすすめです。

バックエンドエンジニアは、フロントエンドエンジニアが使用する言語を理解した上で、バックエンドの言語を用いて仕事をします。

バックエンドはライバルが少なく、案件の単価が高い傾向にあるのが特徴です。

状況は異なりますが、どちらも将来性がある仕事なのは変わりません。エンジニアの仕事は、今期が必要な部分があるので、どんな仕事をしたいかを軸にして考えるのが良いでしょう。

❤内容は役に立ちましたか?皆さまのご意見が励みになります☺
YesNo
手に職をつけてプログラマー転職

そろそろ本気で将来のことを考えなくちゃ……手に職をつけてプログラマーやエンジニアに転職したいなぁ。でも、プログラミングスクールってものすごくたくさんあるし、なんか敷居が高いのよね

これからプログラマーやエンジニアへの転身を目指すあなたに、どのスクールがもっとも適しているのかを紹介します。

悩み・心構え
【この記事を書いた人】
暁かえで

23歳の複業ライター。平日は大学事務、土日はプロダンサー。TechAcademyにてフロントエンドコースを受講。好奇心の赴くままに自由に生きています。好きな本は「銀河鉄道の夜」と「星の王子さま」です。

CANIT
タイトルとURLをコピーしました