プログラミングや動画編集の勉強ならCANIT (キャニット)

月5万円を稼ぐための副業!初心者向けはWordPressでWEB制作

ワードプレス 言語・WordPress

副業で5万円くらい稼ぎたいなぁ

そう思いながらも、どんな仕事をすれば良いのかわからずに、足踏みをしてしまっている人は多いかもしれませんね

ネットを用いた副業にはWeb制作・ライター・動画編集などがあります。中でもおすすめなのはWordpressでのWEB制作です。

目標が5万円だと割と早い段階で目標額を稼ぐことが可能でしょう。

今回は、5万円を稼げる副業としてWordPressでのWEB制作がおすすめな理由や業務内容、案件を受注するためのコツについて紹介します。

WordPressでのWEB制作がおすすめな3つの理由

独学 女性

まずは副業にWordpressでのWEB制作がおすすめな理由についてです。

色々な種類の副業がある中で、なぜこの仕事がおすすめなのかを3つの理由に基づいて説明します。

①:案件数が多い

女性 モバイル

まず1つ目の理由は、単純に案件の数が多いことです。

WordPressは数ある無料CMS(Web制作の知識がなくても利用できるWebサイトシステム)の中で、世界で1番利用されています。

ネット上にある全Webサイトの約35%がワードプレスで作成されていて、日本でのシェア率も80%を超えているといわれており、とにかく利用者が多いのがWordPressの特徴です。

副業としてWeb制作をする時、多くの場合はクラウドワークスランサーズなどのクラウドソーシングサービスを利用して仕事を始めると思います。

クラウドソーシングを上手に利用

そんなクラウドソーシングサービスには、Wordpress関連の案件がたくさんあります。

例えばクラウドワークスで「WordPress制作案件」を検索すると、約10,000件ほどの案件が見つかります。

募集している案件数が多ければ多いほど案件を受注できる確率も多くなります。

このように案件数が多いことは副業をする上でとても重要な要素です。

②:単価が高い

お金 時間

WordPress関連の案件には単価が高いものが多いということも副業としておすすめする理由の1つです。

クラウドソーシングに載っているコーディングのみの案件とWordPress制作の案件を比べてみると、多くの場合でWordPress制作の案件の方が単価が高い傾向にあります。

多少のスキルは必要

この理由は、WordPress制作の案件をこなすために必要なスキルがコーディングのみの案件に必要なスキルよりも多いからです。

コーディングのみの場合はHTMLやCSSなどの簡易的なスキルのみを習得していれば良い場合が多いのですが、WordPress制作の場合はWordPressサイトを触るためのスキルが必要です。

必要なスキルが多くなればその分もらえるお金も高くなるのは当然のことですね。

③:必要なスキルの習得難易度がそれほど高くない

子供達 パソコン

必要なスキルが多いと聞いて不安になった方もいるかもしれませんが、ご安心ください。

WordPressを制作する上で必要なスキルの種類は多いですが、それぞれに求められるレベル感はそれほど高くありません。

主に必要なスキルは、見た目を整えるためのHTML&CSS・サイトに動的な動きをつけるJQuery(JavaScript)・WordPressサイトを構築している言語のPHPです。

それぞれのスキルについて

HTML&CSSはWordPresに限らず全てのWeb制作に必要になる習得必須のスキルで、webサイト上に表示するものやその大きさ、色などを指定するためのものです。

JQuery(JavaScript)はHTML&CSSで作成したものに動きをつけて、ポップアップを表示したり自動で画面をスクロールしたりすることができます。

PHPはWordPressを構築している主要言語なので、この副業をする上では必ず習得する必要があります。

PHPも動的なサイトが制作可能でHTMLと組み合わせて色々なカスタマイズをすることができます。

WordPressの制作なら、JQuery(JavaScript)はそれほど使う機会が多くなく、基礎的なものさえ理解できていれば問題ありません。PHPも複雑なコードを書く必要は少なく基本的な知識さえ持っていれば十分に案件をこなすことは可能です

代表的なWordpress関連の仕事4選

男性 勉強

WordPressのWeb制作がおすすめな理由は理解できたと思うので、ここからは具体的な仕事の内容について紹介します。

細かな内容は案件によってそれぞれですが、ほとんどの仕事が以下4つの内容のどれかで構成されています

  • サイト構築
  • ブログやWebサイトへWordPress導入
  • テーマのカスタマイズ
  • オリジナルテーマの販売

代表的なWordpress関連の仕事①:サイト構築

パソコン

まず1つめに紹介するのは、WordPressを用いたサイト構築です。

現代は企業も個人も多くの人がWebサイトやブログを持っている時代なので、サイトを構築するというこの仕事はWordPressの案件の中では比較的たくさんあります。

サイト構築は、既存のテンプレートを用いて行うものや1から全てを構築するものなど案件によって様々で、内容によって報酬金額も違います。

サイト構築の場合は報酬が高めなものが多く、1つの案件をこなすだけで5万円を稼げるものもあります。

代表的なWordpress関連の仕事②:ブログやWebサイトへWordPress導入

ワードプレス

続いて紹介するのは、ブログやWebサイトへのWordPress導入作業です。

この仕事は、すでに他の無料サイト(FC2やはてなブログなど)を利用して作成済みのブログやWebサイトをWordPressに移行する作業です。

無料サイト以外にも、古いバージョンのWordPressで作られたものを最新バージョンにアップデートする作業などもあります。

ワードプレスへの移行や導入を依頼するクライアントの中にはワードプレスの知識があまりない人が多く、サーバーやドメインなどの説明を1から全てしないといけないケースも多々あります。

この案件では、5万円以上の報酬がもらえる場合が多めです。

代表的なWordpress関連の仕事③:テーマのカスタマイズ

プログラマー

3つめに紹介するのはWordPressテーマのカスタマイズです。

既存のワードプレステーマの1部をクライアントが希望するデザインに変更したり、要望を満たせる機能をカスタマイズしたりする仕事です。

カスタマイズする機能としては、お問い合わせフォームの設置やログイン機能の設定などがあります。

作業数の関係もありサイト構築より報酬が低い場合が多いですが、中には5万円を超えるような案件も存在しています。

代表的なWordpress関連の仕事④:オリジナルテーマの販売

パソコン ふくろう

最後に紹介するのは、オリジナルテーマの販売です。

ワードプレスには無料のテーマと有料のテーマがあり、自作したテーマを有料で販売することができます。

売れるテーマを作成するにはマーケティングスキルやデザインスキルが必要で、すでに紹介した3 つの仕事に比べて難易度は高めです。

しかし、1度売れるテーマを作ってしまうとその後はテーマが購入されるたびに利益が入るのでうまくいけば少ない労働で多きい額を稼ぐことが可能です。

実績orポートフォリオの作成は必須

パソコン

これはWeb制作の案件全てに言えることですが、効率よく仕事を取るためには実績かポートフォリオの作成が必須になります

案件をこなしたことがない人は実績の代わりにポートフォリオを作成して自分の実力を証明しないと、ほとんどの確率で仕事を受注することができません。

WordPress関連の仕事を取りたい場合は、実際に自分でWordPressサイトを構築して提案文とともにそのサイトを提出するようにすれば受注できる確率が大幅にアップするでしょう。

まとめ

ワードプレス

いかがだったでしょうか?

今回の記事では副業で5万円稼ぐにはWordPressでのWeb制作がおすすめだということにフォーカスして説明してみました。

WordPressの案件は他と比較しても稼ぎやすいし数が多いので受注できる確率も高いです。

これから副業を始める人はぜひWordPressのWeb制作を視野に入れて考えてみてはいかがでしょうか?

❤内容は役に立ちましたか?皆さまのご意見が励みになります☺
YesNo
手に職をつけてプログラマー転職

そろそろ本気で将来のことを考えなくちゃ……手に職をつけてプログラマーやエンジニアに転職したいなぁ。でも、プログラミングスクールってものすごくたくさんあるし、なんか敷居が高いのよね

これからプログラマーやエンジニアへの転身を目指すあなたに、どのスクールがもっとも適しているのかを紹介します。

言語・WordPress
【この記事を書いた人】
藤岡大吾

ヒッチハイクでの日本一周、フィリピンのセブ島での少数民族との生活を経験し、場所にとらわれずパソコンで仕事をしたいと思い、ライター及びプログラマーを志す。独学で身につけたライティングスキルとTechExpertで学んだプログラミングスキルを武器に、フリーランスとして活動中。

CANIT
タイトルとURLをコピーしました