プログラミングや動画編集の勉強ならCANIT (キャニット)

プログラマーに向いている人の6つの特徴!プログラマー 適正チェック

パソコン 悩み・心構え

猫田さんと牛山くんが、なにやらコソコソお話しをしています。

猫田さん
猫田さん

牛山くん、元気ないね。 悩みごとなら聞くよー

牛山くん
牛山くん

実は、自分がプログラミングに向いているのか不安になってきたんですよね。 ほら、適職ってあるじゃないですか……

猫田さん
猫田さん

わかるー 向いていない職業に就いたら悲惨だもんね。 だから、わたしは今まで働かなかったんだ

そこに偶然、キャニット先生が通りかかりました。

CANIT先生
CANIT先生

話が聞こえてきましたよ。プログラマーへの適性ですか……。 たしかに、大事な部分ですね

猫田さん
猫田さん

そうでしょー わたし達にプログラマーの適性があるか、教えてくださいな

他の職業以上に、プログラマーには向き不向きがあります。もしも向いていないのにプログラマーになってしまったら後悔するかもしれません。ということで、この記事では、プログラマーに向いている人の特徴を6つ紹介しましょう。あなたがプログラマーに向いているのか……その適性をチェックしてみてください。

プログラマーに向いている人:6つの特徴

女性 スマホ
CANIT先生
CANIT先生

プログラマーに向いている人には、以下の6つの特徴があります。1つずつ見ていきましょう

  1. パソコンが好き
  2. 論理的思考力がある
  3. 好奇心旺盛
  4. 学習意欲がある
  5. 作業の効率化を考えることができる
  6. 質問したり調べたりすることができる

プログラマーに向いている人の特徴①:パソコンが好き

パソコン
CANIT先生
CANIT先生

プログラマーは基本的にずっとパソコンに向かって作業しますからね。パソコンが好きじゃないとつとまりません

たとえ未経験からの採用でも、プログラマーには基本的なパソコンスキルが求められます。パソコンの操作方法やショートカットキーなど、パソコンに対する興味・関心がなければ、プログラマーとして活躍するのは難しいです。

逆に、暇さえあればパソコンをいじっているような人は、プログラマーへの素質があります。

牛山くん
牛山くん

パソコンいじりは好きなので、これは大丈夫そうです

猫田さん
猫田さん

わたしも大丈夫! 暇さえあれば、ヤフー知恵袋を見てますからね

プログラマーに向いている人の特徴②:論理的思考(ロジカルシンキング)ができる

学習 プログラミング
CANIT先生
CANIT先生

次は、ロジカルシンキングができるかどうかですね

猫田さん
猫田さん

ロジカルシンキングってなに?

CANIT先生
CANIT先生

物事を論理的に考えることです。プログラミングにはどうしてもエラーがつきものですから、エラーの解決にはどうしても論理的思考が必要なんですよ

論理的思考を持っていると、問題の発見も早くなり、作業を効率よく行えます。ただ、論理的思考は仕事をしていくうちに身につくものなので、未経験の段階ではあまり重要視する必要はありません。

プログラマーに向いている人の特徴③:好奇心旺盛

CANIT先生
CANIT先生

3つめは好奇心ですね。 好奇心旺盛な人は、プログラマーへの適性がありますよ

IT業界は技術や情報の変化が激しく、常にアップデートしなければ生き残ることはできません。

プログラマーとして常に変化し続けるためには、好奇心を持つことが大切です。新しい情報や技術に興味を持ち、積極的に学ぼうとする姿勢が、プログラマーには必要になります。

プログラマーに向いている人の特徴④:学習意欲がある

本
CANIT先生
CANIT先生

あとはやっぱり学習意欲がある人ですね。プログラミングは勉強なので、勉強自体を楽しめる人はプログラマーに向いていますよ

猫田さん
猫田さん

勉強ねぇ……あんまししたくないなぁ

牛山くん
牛山くん

僕は大丈夫ですね。けっこう勉強自体が好きなんですよ

プログラマーとして活躍するためには、常に学び続ける必要があります。現状に満足せず、新しい知識やスキルを身につける意欲があり、楽しめる人がプログラマーに向いていますよ。学習意欲を高く持っているプログラマーは、複数の言語やフレームワークを扱えるようになるでしょう。当然、仕事の幅が大きく広がります。

プログラマーに向いている人の特徴⑤:作業の効率化を考えることができる

CANIT先生
CANIT先生

作業の効率化を考えられる人もプログラマーに向いていますよ

現状のやり方に満足せずにもっといいやり方はないか、ツールは導入できないか、と考えるのもプログラマーの仕事の1つです。作業の効率化を考えられる人は、向上心が高い人、もしくはめんどくさいことが嫌いな人ですね。

猫田さん
猫田さん

はいはいはい! めんどくさいのは嫌いなので、わたしはプログラマーに向いていそうです

プログラマーに向いている人の特徴⑥:質問したり調べたりすることができる

パソコン

プログラミングの途中に予期せぬエラーが発生することはよくあります。

牛山くん
牛山くん

まだ慣れていないせいか、エラーはよく出ますね

その時に、周りの人に質問したり、自分で調べたりすることができるかどうかはかなり重要です。

質問や検索をするときは、以下の要点を自分で理解していなければなりません。

  • どこでエラーが発生したのか
  • 原因についてどのような仮説を立てたのか
  • 仮説をもとに自分で何を試してみたか

これらを理解していないと、質問がしづらいです。また、検索するときも何をどう検索すれば良いのかがわからないでしょう。

プログラマーとしてキャリアアップするために必要な3つのスキル

コミュニケーション
CANIT先生
CANIT先生

では、ここからはプログラマーとしてスキルアップしていくために必ず必要になるスキルを3つ紹介します。以下のスキルを身につけておくと、プログラマーとして成功しやすいですよ

  1. 高いプログラミングスキル
  2. マネジメントスキル
  3. コミュニケーションスキル

キャリアアップに必要なもの①:高いプログラミングスキル

CANIT先生
CANIT先生

まずは、プログラミングスキルが高いことです。 これは言うまでもありませんね

プログラマーとしてキャリアアップするためには、やはり高いプログラミングスキルが欠かせません。多言語を扱うことができ、特定の言語に関する圧倒的な技術や知識を持っていることは大きなアドバンテージです。

キャリアアップに向けた最初にステップとしてプログラミングスキルを徹底的に磨いていく必要があります。

キャリアアップに必要なもの②:2.マネジメントスキル

パソコン
CANIT先生
CANIT先生

続いて、マネジメントスキルです

猫田さん
猫田さん

そんなものまで求められるのか

プログラマーからキャリアアップすると、チームをマネジメントする能力も求められるようになります。とくにPM(プロジェクトマネージャー)になった場合は、高いマネジメントスキルが必要です。

具体的には、プロジェクトに関わる全ての人の動きを把握し、正確に指示を出すことが求められます。

キャリアアップに必要なもの③:コミュニケーションスキル

CANIT先生
CANIT先生

最後にコミュニケーションスキルです。これが意外と大事なんですよ

プログラマーの仕事はコードを書くことがメインのため、コミュニケーション能力は必要ないと考えられがちです。しかし、キャリアアップしていく上では、コミュニケーション能力がかなり重要です。

コミュニケーションが不足していると伝達ミスが起こりやすく、大きな問題へと発展してしまうこともあります。普段からコミュニケーションを密にとっておくことが大切です。

プログラマーには向き不向きはあるが、学んでみなければわからないこともある

MacBook
CANIT先生
CANIT先生

というわけで、今回はプログラマーに向いている人の6つの特徴と、プログラマーに求められる3つのスキルを紹介しました

牛山くん
牛山くん

思っていたより当てはまっていたので、ちょっと自信がつきましたよ

猫田さん
猫田さん

わたしもー

今回紹介した特徴はあくまで「傾向」であって、絶対的なものではありません。もちろん、これから実際プログラミングを学んでいきながら身につくものもあります。

だから、いちばん大切なのはまず学んでみることです。向き・不向きはたしかにありますが、きちんと目標を持って学習すれば、ほとんどの人がプログラミングスキルを身につけられますよ。

❤内容は役に立ちましたか?皆さまのご意見が励みになります☺
YesNo
手に職をつけてプログラマー転職

そろそろ本気で将来のことを考えなくちゃ……手に職をつけてプログラマーやエンジニアに転職したいなぁ。でも、プログラミングスクールってものすごくたくさんあるし、なんか敷居が高いのよね

これからプログラマーやエンジニアへの転身を目指すあなたに、どのスクールがもっとも適しているのかを紹介します。

悩み・心構え
【この記事を書いた人】
CANIT 先生

あらゆるプログラミング言語をあやつるフリーの凄腕講師。温和な性格で「わかるまで教えます」がモットー。たまに時間ができると動物の仲間達に、プログラミングを教えることもある。現在の生徒は牛山くんと猫田さん。

CANIT
タイトルとURLをコピーしました