【SQL入門編2】WHERE句を使って特定データを取得しよう

SQL入門

本記事ではSQLのWHERE句について解説していきます。

前回はSELECT句を使うことで、特定のカラムのデータのみを取得しました。

今回はWHERE句を使って、特定のレコードのデータのみを取得していきます。

WHERE句はSQLの基本となるものなので、使い方をしっかり覚えましょう。

SQLのWHERE句とは?

WHERE句とは、特定のレコードのデータを取得するのに使うものです。

SELECT文だけでは、指定したカラムのレコードが全て表示されてしまいます。

しかし、WHERE句を使うことで、どのレコードを表示するかも指定できるのです。

SQLのWHERE句の使い方

それではSQLのWHERE句の使い方をみていきましょう。

今回も前回の記事同様、以下の表を使って学習を行います。

idnameagegenderTestScorebirthday
1佐藤12892000/05/09
2鈴木9641997/04/09
3高橋8901996/03/11
4田中10451998/04/05
5伊藤11251999/01/13
6渡辺8501996/02/14
7山本11551999/03/30
8中村121002000/06/01
9小林10991998/07/28
10加藤10141998/08/25

こちらのテーブルをまだ作っていない方は、【SQL入門編1】初心者必見!SQLのクエリの書き方を学ぼうにあるクエリをコピーして作成してくださいね。

それでは、以下の項目に従ってWHERE句について解説していきます。

  • WHERE句で特定のレコードを取得する
  • WEHRE句で比較演算子を使う

WHERE句で特定のレコードを取得する

WHERE句で特定のレコードを取得する方法を解説します。

今回は「age」が「12」であるレコードのみを取得してみましょう。

○コード例

SELECT * FROM TEST.Student WHERE age=12;

○実行結果

上記のコードではSELECT文を使って、全てのカラムを取得しています。

そして、WHERE句を使って、「age=12」のデータのみを絞り込んでいますね。

このようにWHEREの後に「{カラム名}={データ}」と記述することで、カラムにそのデータが入っている場合のみ、取得することが可能です。

これがWHERE句の基本的な使い方となります。

つづいて、「gender」が「女」であるレコードのみを取得してみましょう。

○コード例

SELECT * FROM TEST.Student WHERE gender="女";

○実行結果

WHERE句の後に「gender=”女”」と記述することで、「gender」が「女」であるレコードのみを取得しています。

やり方は先程と変わりませんが、「””」で括っていることに注目してください。

先程はデータが数値でしたが、今回は文字列です。

文字列でレコードを絞り込む場合は、「””」が必要になります。

SQLのクエリでは基本的に、文字列には「””」を付ける必要があるので、気をつけましょう。

WEHRE句で比較演算子を使う

今度はWHERE句で比較演算子を使うやり方についてみていきましょう。

比較演算子とは「<」「<=」「>」「>=」といった記号のことです。

それぞれ次のような意味を持っています。

  • <:~より小さい
  • <=:~以下
  • >:~より大きい
  • >=:~以上

これらの比較演算子をWHERE句で使うことで、たとえば「データが10より大きい場合のみ取得する」といったことが、できるようになります。

例をみていきましょう。

○コード例

SELECT * FROM TEST.Student WHERE age>10;

○実行結果

上記のコードでは、WHERE句を使って、「age」が「10より大きい」の場合のみ取得しています。

このように、WHERE句では「=」だけではなく、比較演算子も使うことが可能です。

もう1つ例をみていきましょう。

○コード例

SELECT * FROM TEST.Student WHERE TestScore<=50;

○実行結果

今度はWHERE句を使って、「TestScore」が「50以下」の場合のみ取得しています。

「<」は「~より小さい」という意味ですが、「<=」は「~以下」という意味なので、TestScoreの50のデータも含まれる点は注意です。

まとめ

本記事ではSQLのWHERE句について解説しました。

WHERE句を使うことで、レコードを絞り込むことが可能です。

また、WHERE句では比較演算子も使うことができることを覚えておきましょう。

次回はSQLのLIKE演算子について解説します。

手に職をつけてプログラマー転職

そろそろ本気で将来のことを考えなくちゃ……手に職をつけてプログラマーやエンジニアに転職したいなぁ。でも、プログラミングスクールってものすごくたくさんあるし、なんか敷居が高いのよね

これからプログラマーやエンジニアへの転身を目指すあなたに、どのスクールがもっとも適しているのかを紹介します。

SQL入門
【この記事を書いた人】
谷津弘樹

某自社開発のIT企業に勤めていた元webプログラマーです。主にサーバーサイド側を担当し、phpを使った開発経験があります。現在は退職しフリーランスライターとして活動中。IT系の記事を主に執筆し生計を立てています。

CANIT
タイトルとURLをコピーしました