プログラミングや動画編集の勉強ならCANIT (キャニット)

プログラミングスクールは本当に無駄なのか?独学とスクールの違いを解説

パソコン プログラミングスクール

エンジニアになりたいからプログラミングスクールに通おうかな

エンジニアになりたいから、まずは独学でプログラミングを勉強してみよう

エンジニアを志す気持ちは同じでも、このように学習方法は真っ二つに分かれます。

すでにあなたがプログラミングの学習方法をある程度リサーチしたのであれば、「独学でプログラミングを学ぶのは無理」と「プログラミングスクールに通うのは無駄」の両方の声を聞いたかもしれませんね。

そこで、この記事では本当にプログララミングスクールは無駄なのか、独学で学ぶことは可能なのかを、私の経験を元に紹介していきます

プログラミングスクールと独学の両方を経験

プログラミング学習

まずは私のここまでの経験を簡単にお伝えします

もともと私は、プログラミング未経験から学習をスタートさせました。そんな状態からの学習でしたが、今ではプログラミングを勉強したことで、簡単なWebサイトなどを作ったりできるようになっています。

学習の過程ではプログラミングスクール、独学の両方とも経験しています。両方を経験したことから、プログラミングスクールと独学のメリット・デメリットをそれぞれ理解しています。

私の実体験を元にしてプログラミングスクールと独学の違いをご紹介し、どっちを選ぶと良いか、そしてそれはなぜかをお話ししましょう

プログラミングスクールが無駄だと言われる理由

パソコン 猫

プログラミングスクールに通うとなると、最低でも40〜50万円以上の費用が発生します。

費用の内訳としては以下の通りです。

  • 入塾金
  • 授業料
  • 教材費
  • 光熱費
  • 交通費

もし仮にエンジニアになることを諦め挫折したり、エンジニアとして就職できなかったりするとすべて水の泡となってしまいます。非常にリスクがあるため、飽き性の人はプログラミングスクールに通うことはおすすめしません

独学でも十分学べる理由

プログラマー

ですが、プログラミングスキルを身につける方法は、プログラミングスクールに通うだけではありません。

例えば、

  • 動画
  • 書籍
  • オンライン学習

独学では学ぶことが難しいと言われていたプログラミングですが、独学でも効率的に学習できる環境が普及してきました。一つずつ解説していきます。

プログラミングの独学方法①:書籍

初心者向けから上級者向けまで多数の書籍があるので、自分のレベルに応じた書籍で学習していくことができます。この学習方法はプログラミング初心者の方におすすめです。

「プログラミングについて全くわからない」といった方でも基礎中の基礎から知ることができます。費用も数千円程度なのでたとえ挫折したとしても低リスクで済みます

プログラミングの独学方法②:動画

最近ではYouTubeを通して無料でプログラミングを学べるようになってきています。

動画で流れるコードを真似するだけでプログラミングを学んでいくことが可能となっています。有料の動画もありますが、プログラミングスクールと比較すると費用を抑えることができます。

プログラミングの独学方法③:オンライン学習

エンジニアへの転職は気になるけど、プログラミング学習にかかる費用は負担したくないと考えている人も少なくないでしょう。

しかし、書籍や動画の学習では、自分のペースで学習できる反面、次に何をするのがいいのか迷ってしまい壁にぶつかることになります。オンラインで講師から教えてもらえば、理解できずに挫折することは減らせるでしょう。

独学のメリット

パソコン

独学のメリット①:コストが低い

プログラミングスクールに必要な費用を抑えることができますので、ストレスなく学習をしていくことが可能です。

必要な知識を得るために本を買ったとしても、1冊で10,00円程度なので、スクールに行くことに比べたら安く済みます。

独学のメリット②:自分で調べる力がつく

スクールと違い、独学の場合は分からないことがあっても対応してくれる人が近くにいないため、自分で学習を進めていくことが必要です。

プロのエンジニアであっても、わからないことはその都度調べています。エンジニアには膨大な数の知識が必要なため、全てを記憶しておくことはプロでも難しいものです。

変化の激しいIT業界では常に新しい知識が求められるので、自分で調べる力は必須です。

独学のデメリット

進まない

モチベーションを保つことが難しい

独学のデメリットは、モチベーションを保つことが難しいことです。

独学は、自分で目標を設定する必要があります。自分は将来こうなりたいと目標がないと途中で挫折してしまいます。

プログラミングスクールのメリット

パソコン

プログラミングスクールのメリット①:効率的に学べる

プログラミング学習方法をおしえてもらえるので、勉強のやり方が分からないと悩む必要がありません。

何よりスクールの講師は元エンジニアの方がほとんどのため、現場に近い感覚でプログラミングを学ぶことができます。

わからないことをすぐに聞けるので時間を無駄にせず効率的に学ぶことができますし、自分がエンジニアになった時のイメージもできて、仕事についても詳しく教えてくれるはずです。

プログラミングスクールのメリット②:誘惑に負けない

プログラミングスクールでの学習であれば、次に何を学んでいくかスケジュールを立ててくれますが、独学ですとスケジュールを考えて勉強していく必要があります。

プログラミングを独学で学習する場合、自宅で学ぶことがほとんどかと思います。自宅にいるとゲームや漫画などの誘惑に負けてしまいまたあとでやろうと言い訳をつけてサボってしまいます。

誘惑に勝つ自信がない場合は、スケジュール通り勉強することができるプログラミングスクールがおすすめです

プログラミングスクールのデメリット

パソコンで学ぶ男性

コストがかかる

デメリットは費用がかかることです。

時間を優先して短期間でスキルを身につけるか、お金を優先して時間をかけて学んでいくかはそれぞれの生活環境によって異なるかと思います。

スクールであれば、質問がすぐできる環境や、一緒にプログラミングを学ぶ人が周りにいる環境が整っているので、金銭的に余裕があればスクールに通うべきと言えるでしょう。

まとめ

パソコン

大半の人がプログラミングスクールを受けることに躊躇してしまうポイントは費用です。ですが、プログラミングスクールに通えば、最短数ヶ月でエンジニアを目指すことができます。エンジニアになってしまえば初期費用をすぐに稼いで取り返すことができるでしょう。

実務経験を積んでからフリーランスエンジニアとして独立も目指す人もいます。フリーランスエンジニアになれば年収1,000万円も可能ですし、これからもっともっと増えてくるはずです。そのような夢があるならまずは行動あるのみです。

また、エンジニア未経験で企業に勤めるにしても若い人が有利です。あの時すぐに行動しておけば良かったと後悔する前に、まずはできることから始めてみてはいかがでしょうか。

❤内容は役に立ちましたか?皆さまのご意見が励みになります☺
YesNo
手に職をつけてプログラマー転職

そろそろ本気で将来のことを考えなくちゃ……手に職をつけてプログラマーやエンジニアに転職したいなぁ。でも、プログラミングスクールってものすごくたくさんあるし、なんか敷居が高いのよね

これからプログラマーやエンジニアへの転身を目指すあなたに、どのスクールがもっとも適しているのかを紹介します。

プログラミングスクール
【この記事を書いた人】
堀田 大志

プログラミングスクールに通ったことがきっかけで、フリーランスという働き方の選択肢があることに気付きました。今はWEBライターとして活動しており、ビジネス、IT、旅行、恋愛、趣味など幅広い分野での執筆経験があります。今後も書く仕事は続けていきたいと考えています。

CANIT
タイトルとURLをコピーしました