プログラミングや動画編集の勉強ならCANIT (キャニット)

PHP入門2:PHPを始めるための開発環境(XAMPP編)

PHP入門
牛山くん
牛山くん

いよいよPHPの学習のスタートですね!

猫田さん
猫田さん

やる気マンマンですよ

CANIT先生
CANIT先生

さっそくPHPの学習!……といきたいところですが、その前にPHPが使える環境を整えなければなりません

猫田さん
猫田さん

なにぃいいいいいいいいい

PHPは無料で使用可能なオープンソースのプログラムです。いつでも誰でもパソコンがあれば始めることが出来ます。

ただし、PHPの開発を始めるためには、開発ができる環境を整えなければいけません。

CANIT先生
CANIT先生

というわけで、今回はPHPを始めるための環境作りです

PHPを始めるための2つの方法

パソコン

PHPの開発を始めるためには「Apache」というWEBサーバーをインストールする必要があります。

PHPとApacheの2つをパソコンにインストールすれば、PHPの開発環境が整います。

ただ、もっと便利な「XAMPP」というアプリケーションがあるので、このXAMPPを私は推奨します。

CANIT先生
CANIT先生

この講座ではXAMPPを用いて講義しますので、みなさんもXAMPPをインストールしてくださいね

猫田さん
猫田さん

どうせ、そのXAMPPがお高いんでしょ?

CANIT先生
CANIT先生

もちろん無料ですよ(笑)

猫田さん
猫田さん

なんと!

ApacheではなくXAMPPを推奨する理由は、PHPやApacheだけではなく、MysqlやPerlなどのWEB開発が出来る環境が1つで整うからです。

XAMPPをインストールしよう

女性
CANIT先生
CANIT先生

それでは、XAMPPの具体的なインストール方法を解説しますね。ちなみにここでの解説はWindows用です

まず、XAMPPをインストールするためには、XAMPPのインストーラーをダウンロードして、起動させなければいけません

XAMPPのインストーラーをダウンロードするために、コチラの公式サイトにアクセスをします。

こちらの画像の赤枠の中をクリックすると、各OSに合ったXAMPPのインストーラーをダウンロードすることが出来ます。

そして、こちらの赤枠の部分をクリックすると下記のようにインストーラーを保存する場所を指定します。

保存したい場所を指定して「保存」ボタンをクリックすると、下記の画像のように指定した場所にXAMPPのインストーラーを保存することが出来ました。

次は、このインストーラーをダブルクリックして、XAMPPをインストールしていきます。

インストーラーをダブルクリックすると、下記の画像のような警告文が出てきます。

猫田さん
猫田さん

英語だ……。なんて書いてあるんでしょう?

ユーザーアカウントに関する警告文です。簡単に訳すと「このアプリは管理者権限でのアクセスが必要となりますので、管理者権限でのアクセスを許可しますか?」という内容です。

こちらは問題ありませんので「OK」ボタンをクリックします。

OKをクリックすると、こちらの画像が出てきますので、ここからインストールの設定をスタートします。 まずは赤枠の中にある「Next>」をクリックしてください。

Nextをクリックすると、このようなページが表示されます。

左の赤枠の中のように全てのチェックボックスにチェックが入っているのを確認して、もう一度「Next>」をクリックします。

こちらの画像のページが表しているのは、「XAMPPのアプリケーションの中にどのような機能を持たせるのか」という内容です。

牛山くん
牛山くん

とりあえずは、全ての機能を使えるようにしておくんですね

Nextをクリックすると、こちらのページが表示されます。

画像内の上部の赤枠は「XAMPPのインストールフォルダの選択」です。

初期設定は、Cドライブ内に「xampp」というフォルダを新たに作成して、その中にXAMPPに関するものを全て保存する感じです。

牛山くん
牛山くん

ここはなにも変更しなくて大丈夫ですか?

CANIT先生
CANIT先生

このままで問題ありません。もちろん何らかの理由で変えたいのならば、変更してもOKですよ

特別な理由がない限りはそのまま「Next>」をクリックしてください。

こちらがセットアップの最後のページです。最後にするのは「言語選択」です。

XAMPPは「ドイツ語」と「英語」の2つから選択できます。

言語の選択が完了すれば、Next>をクリックしてください。

この画像がインストールをする前の最後のページ、確認画面です。

CANIT先生
CANIT先生

「ここまでの設定内容でXAMPPをインストールしてもいいですか?」と書かれているだけですね

Next>をクリックすると、XAMPPのインストールが開始されます。

インストール完了までには、数秒~数分ほどの時間が掛かりますので、しばらく待機してください。

こんな感じの画面が出てきますので、完了するまでお待ち下さい。

インストールが完了すると、こちらのページが表示されます。

牛山くん
牛山くん

できました!

猫田さん
猫田さん

楽勝ですね

ページ内の上部の赤枠は、「インストールが完了したので、アプリケーションを起動して動作を確認しますか?」という内容のチェックボックスです。

こちらにチェックを入れて「Finish」をクリックすると、インストールが完了してXAMPPが起動します。

こちらの画面がXAMPPの管理画面です。

この画面が起動できていれば、XAMPPのインストールは完了したということになります。

CANIT先生
CANIT先生

これでPHPを開発するための環境づくりは完了です。お疲れ様でした

まとめ

女性
CANIT先生
CANIT先生

今回の授業はここまで、ですね。次回はApacheの設定を紹介する予定です

「早くPHPに触れてみたい」という方はもう少しお待ちください。 まずはPHPファイルを作るための完了を構築することが大切なので、次々回あたりからPHPのファイルづくりをスタートさせる予定です。

❤内容は役に立ちましたか?皆さまのご意見が励みになります☺
YesNo
手に職をつけてプログラマー転職

そろそろ本気で将来のことを考えなくちゃ……手に職をつけてプログラマーやエンジニアに転職したいなぁ。でも、プログラミングスクールってものすごくたくさんあるし、なんか敷居が高いのよね

これからプログラマーやエンジニアへの転身を目指すあなたに、どのスクールがもっとも適しているのかを紹介します。

PHP入門
【この記事を書いた人】
CANIT 先生

あらゆるプログラミング言語をあやつるフリーの凄腕講師。温和な性格で「わかるまで教えます」がモットー。たまに時間ができると動物の仲間達に、プログラミングを教えることもある。現在の生徒は牛山くんと猫田さん。

CANIT
タイトルとURLをコピーしました