プログラミングやWEB制作の勉強ならCANIT (キャニット)

【入門編4】Pythonの変数、変数宣言、データ型について学ぼう

Python入門

前回はPythonで足し算、掛け算など四則演算をする方法を学びました。

今回はPythonの変数やデータ型に関して学んでいきます。

変数やデータ型に関する理解があると、今後複雑なソースコードを読む場合も、理解がスムーズになります

これらの概念や書き方をぜひ本記事でマスターしましょう。

Pythonの変数とは?

プログラミング言語における「変数」とは、データを格納するためのものです。

Pythonは他のプログラミング言語と異なり、変数を宣言するときにデータの型を明記する必要はありません。最初に、変数と「変数に格納したい数値、文字列などのデータ」を記入します。

たとえば以下のような書き方をします。

data = “太郎”

上記の例では「data」という変数に「太郎」というデータを格納しています。

変数に格納したデータは、ソースコード内で何回でも利用することができます。

利用する場合は以下のように記述します。

=====コード例=====

data = “太郎”
print(data)

=====コード例=====

○実行結果

dataに格納したデータを、printによって表示させています。

このように、変数名を記述することで、その中に入ったデータを扱えるのです。

また、変数から別の変数へデータを移すことも可能です。

data = “太郎”
data2 = data + “,花子”
print(data2)

○実行結果

上記の例では、data2という変数に、dataの中のデータと「,花子」を結合させて格納しています。

このように変数に格納したデータは、後で使うことができるのです。

Pythonで変数が必要な理由

「わざわざ変数に格納する必要あるの?」と思うかもしれません。

そこでPythonで変数が必要な理由を解説します。

理由は3つに分けられるでしょう。

  • ソースコードを見やすくするため<
  • 同じ値を繰り返し利用するため
  • ソースコードを後で修正しやすくするため

ソースコードを見やすくするため

変数にデータを格納することで、ソースコードを見やすくすることが可能です。

たとえば、ものすごい長い文字列を表示させたい場合、変数を使わず直接書くと見にくくなってしまいます。

ソースコードを読む場合、上から下に目線を移していくため、横長の行があると見にくいです。

そこで変数を使って、文字列を格納することで、コードを見やすくできます。

同じ値を繰り返し利用するため

同じ値を繰り返し利用する場合、変数にデータを格納した方が良いです。

たとえば、以下のようなコードはどうでしょう。

print(“私は現在Pythonを勉強しています。”)
print(“私は現在Pythonを勉強しています。”)

全く同じ文字列を2回表示させたい場合、このように書くとコードが長くなってしまいます。

そこで、変数の出番です。

text = “私は現在Pythonを勉強しています。”

print(text)
print(text)

textという変数に一旦データを格納するこで、同じ文字列を繰り返し書かずに済みます。

このように変数を使うことで、同じ値を繰り返し利用することが可能です。

ソースコードを後で修正しやすくするため

変数にデータを格納することで、コードを後で修正しやすくなります

Webアプリなどを開発する場合、完成後にもユーザーの評価を受けて修正しなくてはいけません。

そんな場合に、コードが修正しやすいと、作業時間を少なくできるでしょう。

Pythonのデータ型について

Pythonの「データ型」についても理解しておきましょう。

Pythonで扱えるデータには、いくつか種類があります

これまで、Pythonで文字列や数値の表示方法を学んできました。

print(“Hello World”)
print(1)

文字列のデータはPythonで「str型」、数値のデータは「int型」、と呼ばれています。

他にも様々なデータ型があるので、ここで紹介しましょう。

○データ型一覧

データ型種別データ例
str型文字列“太郎” “花子” “Hello World”
int型数値(整数)0 1 89 -4
float型数値(少数)4.5 8.3 -38.2
list型複数データ(リスト)[“a”, “b”, “c”] [1, 2, 3]
dict型辞書{1:”太郎”, 2:”花子”, 3:”二郎”}

このようなデータ型があることを、覚えておきましょう

str型とint型はこれまで勉強してきました。

float型は以下のような小数点のデータのことです。

float型もint型同様に四則演算することが可能です。

=====コード例=====

print(4.5 + 3.4)

=====コード例=====

○実行結果

list型は、複数のデータがひとまとめになったものです。

dict型は、idとデータが組み合わさっているものです。

list型とdict型は後ほどの記事で詳しく解説します。

これらのデータ型があることを覚えておきましょう。

「type」を使って変数の型をチェックする方法

Pythonでは変数を使う場合、データ型を指定する必要がありません

そのため、ソースコードを読むだけでは、変数に格納されたデータの型が何なのか、分かりにくい場合があります。

そこで「type」を使って、データ型のチェックをする方法を紹介します。

=====コード例=====

data = “Hello World”
print(type(data))

=====コード例=====

○実行結果

上記のように、typeの()の中に、データ型を調べたい変数を入れます

こうすることで、dataのデータ型がstr型というのが分かります

特に長いソースコードだと、書いている内にデータ型が何なのか分からなくなるときがあります。

そういうときは「type」を使ってデータ型を調べると良いでしょう。

まとめ

本記事ではPythonの変数、データ型について解説しました。

これらの概念を理解しておくと、後の勉強のしやすさが違うので、一記事に渡り説明させて頂きました。

プログラミングの勉強は文法を覚えるだけでなく、概念をきちんと把握しておくことが肝心です。

次回は、Pythonで複数データ(リスト)を扱う方法について解説します。

❤内容は役に立ちましたか?皆さまのご意見が励みになります☺
YesNo
手に職をつけてプログラマー転職

そろそろ本気で将来のことを考えなくちゃ……手に職をつけてプログラマーやエンジニアに転職したいなぁ。でも、プログラミングスクールってものすごくたくさんあるし、なんか敷居が高いのよね

これからプログラマーやエンジニアへの転身を目指すあなたに、どのスクールがもっとも適しているのかを紹介します。

Python入門
【この記事を書いた人】
谷津弘樹

某自社開発のIT企業に勤めていた元webプログラマーです。主にサーバーサイド側を担当し、phpを使った開発経験があります。現在は退職しフリーランスライターとして活動中。IT系の記事を主に執筆し生計を立てています。

CANIT
タイトルとURLをコピーしました